//*

戦後、平和への願いを込めて作られた川崎『平和通り商店街』の歴史を、ご紹介させていただきます。

川崎 平和通り商店街
川崎平和通商店街振興組合
平和通り かわら版

トップページ お知らせ 遊遊カーニバル アクセスマップ 平和通り商店街の歴史

平和通り物語(歩み)

第二次世界大戦(太平洋戦争)末期、昭和20年(1945年)4月15日の川崎大空襲で市は焦土と化し、平和通りのある川崎市役所、駅周辺も一面焼け野原となりました。
B29二百余機が飛来し二時間近くにわたり焼夷弾・爆弾が投下されたといわれています。

現在、平和通りのある、国道15号線(第一京浜国道)から一筋駅寄りに入ったところは、当時「公設通り」と呼ばれ、昭和10年頃の文献資料にも、その名が記載されています。
戦後、廃墟の中、幾度も会合を重ねる中から「平和」を願う思いを込めて、誕生した名前が「平和通り」です。
「誰が言い出したかさだかではないが皆の思う気持ちだった」と、当時役員を務めていた長老からは幾度となく聞かされています。


戦後復興の中、商店街にネオン看板が取り付けられ「平和通り商盛会」と書かれたその横には、平和の象徴「はと」が一緒に並んでいました。
その後、経済の成長に合わせるように誕生した「振興組合法」にもとづき「川崎平和通り商店街」として県内最初の振興組合としての登録を行い、市制40周年を翌年にひかえた昭和38年(1963年)[注1] には、アーケード完成記念として、青森「ねぶた祭り」パレードを開催、賑やかさを誇る商店街として成長しました。


以降、駅周辺の整備に伴う商業地盤の変化や高度成長期を踏まえ、環境は大きく様変わりをしました。
その間、組合員の入替わりや新旧世代交代が進む中、平成3年(1991年)老朽化したアーケードを撤去しモール化事業に着工、翌年完成を迎えました。
加えて、防犯カメラの設置、緊急時における押しボタン式防犯灯の設置など、商店街に来街される皆様への安心・安全な街づくりにも取り組んでまいりました。


近隣各商店街との合同企画イベント「いいじゃんかわさき」の開催、隣接する東田公園のリニューアルに伴う行事など、各事業も、点から面へと広がりを見せて今日に至っております。
平和に願いを込めて発足した商店街の先駆者、諸先輩への感謝を込めて、その歩み、軌跡を以下に綴ります。

 [注1] 川崎市誕生:大正13年(1924)7月1日、人口50,188人、面積22,23平方㎞ 


次(年表)へ >>



川崎市のホームページには『川崎市勢要覧』というページが御座います。
そちらの『歴史とあゆみ』という資料と合わせてご覧いただきますと、より川崎の歴史についてお知りになれると思います。

JR川崎駅東口の6商店街共同イベント
いいじゃんかわさき
パレール/仲見世通り/東田あべにゅー/
いさご通り/たちばな通り/平和通り


川崎 稲毛神社 山王祭











Copyright © 2008-2017 川崎平和通商店街振興組合(川崎『平和通り商店街』). All rights reserved.